不倫や浮気の真実を暴く浮気調査の実態

浮気探偵

浮気調査

浮気調査を依頼する際の注意点

投稿日:

探偵や興信所に浮気調査を依頼する時、心配なのがお金をかけたのに成果が出ないこと、相手に浮気調査をしていることがバレないかどうかということでしょう。
こういった失敗を避けるためには、いくつかのことに注意する必要があります。

悪徳業者に気をつける

最近では法規制も整ってだいぶ減ったようですが、昔は悪徳業者と呼ばれるような探偵事務所も多かったようです。

たとえば、最初に提示した料金よりも、人員や期間を追加されてどんどん高額にされたり、しっかり調査が行われていなかったり、簡易的な報告書しかもらえないといったような事例があります。

悪徳業者を見抜くのは難しいですが、せめてホームページはしっかり読みこむようにしましょう。

探偵や興信所を営業するには、公安委員会へ届出を提出する必要があり、通常ならホームページに届出証明書番号が記載されています。この番号がない場合は、ちゃんと届出をして認可されていない可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。

また、事務所の住所を検索してみて、実際にオフィスがあるかどうかも確認しておきましょう。

事前の準備や調査は欠かせない

浮気調査は、探偵に依頼すれば必ず証拠をつかめるというわけではありません。

浮気している兆候があったとしても、実際にいつどこで会ってどこへ移動するかまではなかなかわからないものです。もし、メールやSNSなどで確実に日時や場所が判明したのなら、わざわざ探偵に頼むまでもなく、自分で現場へ踏み込むこともできますよね。

探偵に依頼するということは、確実な証拠がなくて、決定的な写真を撮ってもらったり、相手を特定してもらったり、自分が見ることのできない時間帯の行動範囲を調べてもらうためです。

長時間・長期間の尾行ができれば、前情報がなくとも証拠をつかめるかもしれませんが、100万円単位の費用がかかるでしょう。できるだけ費用を抑えて、確実に証拠をつかむには、ある程度の絞り込みが必要になります。

そのためには、依頼者ができる限り行動範囲を絞ったり、浮気相手の予測をつけておいて、ピンポイントで調査してもらうことになります。あえて自分が留守になる日を作って、浮気しやすい環境にしておびき出すという手もあります。

ただ、浮気調査をしていることがバレたら、相手は警戒して浮気相手と会うのを控えたり、不用意に行動しなくなって証拠がつかめなくなるので、自分も調査員の一員であると自覚して、慎重に対応しましょう。

無料の相談やお試しプランを利用する

探偵の調査に費用が発生するのは、基本的に契約書を交わして調査が始まってからです。

その前段階の相談は無料であったり、お試しで1時間程度格安で依頼できるところもあります。いくらホームページや口コミを読んでも、実際に担当者と話したり調査方法を目の当たりにしてみないとなかなか信用できないものです。

その調査方法は信頼できるのか、担当者は信用できる人なのか、ちゃんと話を聞いてくれているのか、こちらの心情を汲みとってゴールまで走ってくれるのかなど、じっくり見て聞いて納得できるところに依頼するようにしましょう。

-浮気調査

Copyright© 浮気探偵 , 2019 AllRights Reserved.