不倫や浮気の真実を暴く浮気調査の実態

浮気探偵

浮気調査とはどんな調査?調査方法は?

最近は芸能人の間でも数多くみられる不倫や浮気・・・スマホやSNSによりいろいろな人と出会うチャンスが増えていますし、決して他人事ではなくなってきています。

恋人や配偶者が浮気してるのかも・・・?と思った時、どうすればいいのでしょうか?

確実な証拠を集めるためには、興信所や探偵事務所に依頼するのが一般的ですが、一体浮気調査ってどういったことをやっているのでしょうか?

浮気調査を依頼する人の目的は、多少の違いはあれど、真実を明らかにして浮気をしているならばその証拠をつかむことです。離婚する場合には慰謝料を請求したり、裁判で有利に離婚調停を進めるために証拠が必要になります。
もし、まだやり直せるならば、浮気をしている証拠を突きつけて今後のことを話し合うこともできます。

いくら状況証拠がそろっていても、確実な証拠がなければ言い逃れされて再び浮気されるおそれもあります。また、裁判で有効な証拠には、確実に本人だと判別でき、複数回に渡って浮気相手と肉体関係があったとわかるような写真などが必要になります。

そのため、浮気調査にはある程度の日数の尾行や張り込みなどを行い、浮気現場を撮影する必要があります。

浮気調査の流れ

①依頼者が探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼し、浮気の兆候や相手が立ち寄りそうな場所や時間帯などを相談します。

たとえば、携帯のメールなどを見ることができれば、あやしいメールの内容から、浮気相手が勤務先の人間であるとか、いつ頃どこで会っているかという情報が得られます。

浮気調査を依頼する時には、できるだけ自分でも情報を集めて、効率よく調査できるようにすれば、日数や費用を抑えて成功率を高めることができます。

②契約を交わし、事前に相談した内容を元に調査する日時を決めて、調査員が尾行・張り込みを実行します。

基本的に2人以上で行い、決定的な証拠写真を撮影するために、望遠レンズや暗闇でも撮影できるような高性能のカメラを使用します。

同じ調査員がつきっきりで尾行すると怪しまれる危険性が高いので、尾行する人を入れ替えたり、先回りして連絡を取り合ったり連携して行います。

③調査報告書を作成してもらい、調査終了。

依頼した日数分の調査が終わったら、撮影した写真と共に、詳細な文書の報告書を作成してもらって終了です。

この調査報告書が、裁判において重要な証拠となります。

探偵事務所によっても、調査の特徴や売りとなるポイントは異なりますので、カメラの性能がいいところ、人員が豊富なところ、裁判や慰謝料請求の事例が多いところなど、納得できるところに依頼するようにしましょう。

Copyright© 浮気探偵 , 2019 AllRights Reserved.